株式会社三洋

会社案内

ごあいさつ

お客様からの「ありがとう」の言葉が
株式会社三洋 全従業員の最高の喜びです。



代表取締役
石田 伸


これまで、たくさんのお客様にご縁をいただき、お取引をいただいております。これも、お客様、協力会社の皆様、また全従業員のおかげと感謝しております。
今後も、この状況に甘んじることなく、高い目標にチャレンジいたします。お客様の満足度向上のため、切磋琢磨いたしますので、応援宜しくお願いいたします。

経営理念

創 幸

幸福は、知恵を出し創造し、努力をして目標を達成した時に感じるもの。
株式会社三洋は、働く皆が、互いの持っている能力、個性を発揮し


一、お客様から信頼される企業
私たちは、品質を高め、気配りを忘れず約束を守ります。
一、社会へ貢献する企業
私たちは、お客様に役立つ商品・サービスを提供し 物心豊かな社会を築きます。
一、関わるもの全てに、幸せを与える企業をめざし 成長する。
私たちは、価値観を共有し、志を同じくする仲間です。
私たちは、仕事を通じて成長し、幸せを分かち合う企業です。

経営方針

経営は創造
「守破離」の心で臨みます。個性ある中堅企業に躍進
素直、感謝、謙虚、反省、奉仕の心で真似びます。

社会的責任
お客様からの感謝の言葉を至上の喜びとし、供給者としての責任を全うし、社会に貢献します。

品質方針

理念、方針を理解し、全員参加の品質システムでお客様に感謝される製品、商品を提供しよう。

会社概要

商 号 株式会社三洋
所在地 ●本社/〒997-1301
山形県東田川郡三川町大字横山字大正27
TEL0235-66-3685・FAX0235-66-4188
●山形営業所/〒990-0505
山形県寒河江市大字白岩字湯尻783-1
TEL0237-87-3901・FAX0237-87-3905
●東京営業所/〒101-0036
東京都千代田区神田北乗物町12番地(大竹ビル3F)
TEL03-3526-2013・FAX03-3526-2152
●平田工場/〒999-6711
山形県酒田市飛鳥字大林717-8
TEL0234-52-3447・FAX0234-52-3681
設 立 昭和43年12月20日
資本金 3000万円
代表者 石田 伸
決算期 5月31日(年1回)
面 積 ●本社/敷地 15,123m2 建物3,801m2
●山形/敷地 2,067m2 建物343m2
●平田/敷地 2,667m2 建物1,142m2
会社経歴 昭和39年4月/鶴岡市大山にて創業
昭和43年12月/株式会社に組織変更し会社設立、商号を株式会社三洋と改める
昭和45年6月/三川町袖東に移転
昭和61年6月/山形営業所を開設
昭和61年10月/現在地に新社屋完成、移転
平成8年1月/東京営業所を開設
平成8年8月/平田工場を開設

営業品目

農業資材 パイプハウス,軽量鉄骨ハウス,鉄骨ハウス,農業用ビニール,遮光シート
クロス袋 クロスコンテナ,通袋
シート類 防炎・建築養生・野積シート,ターポリンシート,機械カバー,集合テント
包装資材 ラップ各種,ポリ袋(規格・印刷袋)PSPトレー,フードパック,梱包機械
梱包資材 布・クラフト粘着テープ,PP・平テープ,野菜結束テープ,ストレッチフィルム
物流資材 保冷ボックス,保冷バッグ,保冷カバー,カゴ車カバー
その他 太陽光発電装置
> 営業品目の詳細はこちらから

環境方針

基本理念 21世紀に入り、世界の共通の課題として、地球の温暖化、資源の枯渇、産業廃棄物とその処理問題等、地球環境問題が課題になっております。
幸いに、私達の住む山形は、自然の恵みが多く残っている、安全な食の提供ができる豊かな田園都市です。
この良好な環境を持った山形は、私達の健康で安全かつ快適な生活の基盤となっております。
この素晴らしい環境を、将来の世代に継承していくには、農工商のバランスのとれた地域づくりを考え、企業としては地球の環境の保全、自然との共生に努め、環境への負担の少ない製品づくりを心掛けなければなりません。

株式会社三洋は、プラスチック製品、及び鉄製品を材料として、農業資材、包装資材、物流容器等を生産し販売している会社です。
株式会社三洋は、これら一連の生産、販売活動を通して、環境への負荷が少ない商品の生産、販売を心がけ、常に環境に配慮した行動を実施し、次の方針に基いて環境の保全に努めます。

基本方針
1. 環境の維持向上に努めます。
企業活動の中で、廃棄物削減、省エネルギー、リサイクルに取り組み、健全な環境の維持向上に努めます。
2. 環境負荷の低減を継続的に推進します。
2.1 環境汚染の予防を考え、地球にやさしい、クリーンな製品の取扱いを心がけ、環境への負荷の少ない製品の提供を推進します。
2.2 具体的な環境目的、目標を定め、環境の向上と環境への負荷の低減をはかり、環境の変化に対応して見直しを行いながら取り組みを継続的に推進します。
3. 環境法令及び同意事項を遵守します。
環境に関する法規制及びその他の要求事項を遵守し、環境保全に努めます。
4. 社員への研修を実施します。
全社員が環境方針を理解し、環境マネジメントシステムにより、実行、推進できるよう研修を行います。また、構内に立ち入る要員に対しては環境に対する注意事項を文書で配付し周知させます。
5. 環境方針を公表します。
環境方針を当社ホームページ上にて公開します。
2011年5月21日
株式会社 三 洋
代表取締役社長 石田 伸

to Top

ページトップへ

2018Copyright © SANYO.